トップページ > 復縁工作Q&A > その他のご質問
復縁工作Q&A
工作は違法なのでしょうか?
工作自体は違法ではありません。但し、「怨恨・復讐」を目的としたご依頼や「恐喝・脅迫」まがいのご依頼、別れの強要を促すご依頼やストーカー的要素のあるものなど、ご依頼の内容によっては違法性・犯罪性があるものもあります。
弊社では、そういった違法性・犯罪性があるものや、その可能性があると弊社で判断したご依頼、又は公序良俗に反する恐れがあるご依頼はお受けすることはできません。
ターゲットの情報が殆ど無いのですが、依頼は可能ですか?
ターゲットが特定できていない場合でも、勿論ご依頼は可能です。
例えば、ターゲットがご自身の元パートナーと現在交際している相手といったケースで、交際相手がいることは把握しているが、その相手に関する情報が一切無い・・・といった場合には、まず元パートナーを尾行・監視し、接触する人物の中からターゲットとなる現在の交際相手を特定することが可能なのです。

但し、ターゲットの特定に必要な時間は、その二人が会う頻度により異なり、1日目の調査で特定できるケースもあれば、2〜3週間の期間を要するケースもあります。

例) ○ 特定しやすい案件 ⇒ 二人が頻繁に会っている。又は、次会う日を把握できる。
   △ 特定しにくい案件 ⇒ 遠距離恋愛で月1回しか会わない等。
調査や工作に同行できますか?また、工作員の人とは会ったりできますか?
弊社では依頼者様の調査・工作現場への同行が可能です。但し、以下の要件がある場合は同行をお断りしておりますのでご了承ください。

^様蠎塒佑ターゲット等と面識があり、相手に認識される危険性がある場合。
∈8紊猟敢此工作に支障をきたす危険性がある場合。
※調査・工作現場への同行を希望される場合は、早めにお申し出て下さい。 弊社スタッフが初回調査時に現場状況を確認し、同行可能か判断いたします。

工作員は業務遂行上「工作員である」と知られてはいけません。
また、工作員自身のプライバシー保護の為にも基本的に面会は行っておりません。
但し、案件によっては依頼者様の友人役として工作員が登場する場合など、依頼者様と工作員が直接関わりを持つケースでは、事前の打ち合わせや実際の工作時に直接お会いして頂く場合もあります。また、どんな工作員なのか見てみたいという依頼者様もいらっしゃいますが、弊社では工作時に撮影した映像を毎回提出しておりますので、そちらで確認して頂けます。
責任者ご挨拶
クレジットカード
提携信販会社
トラストワーク
Easy Transaction
ページの先頭へ戻る